じきるう曜日

編集長。CRAZY STUDYとかWorkship MAGAZINEとか、諸々のウェブメディアをやってる。舌死人。

「じきる」から「じきるう」に改名しました

f:id:studiowizzikill:20190416000241p:plain

 

はい、改名しました。

「じきる」改め「じきるう」です。

 

みなさんどうぞ、よろしくお願いします!

 

 

改名については前々から考えてた

 

kazzikill.hatenablog.jp

 

詳しくは上の記事を読んでほしいのですが、「じきる」を改名しようという思いはけっこう前からあったんですよね。

 

ただ、もうかれこれ7年くらい使っていたハンドルネーム(ジキル系列全て含めると12年)。

なかなか改名する決心がつかなかったんです。

 

でもとある ””思いつき”” がきっかけで、このたび改名しました。

 

 

改名理由:寝られなかったから

 

 

 

はい、寝られなかったから改名しました。

 

……意味がわからないって?

では詳しく解説します。

 

寝られない夜って、誰しもあるじゃないですか。

ボクは昨晩(朝5時)がそれだったのですが、眠れないときってムダにいろいろ頭の中で考えちゃうんですよ。

宇宙はいつ終わるんだろうかとか、原子の粒に意思はあるんだろうかとか、包丁で切った指に貼った絆創膏もう外していいかなやっぱやめとこうかなとか……。

 

で、ふと思ったんです。

「じきるう」って名前、良くない?って。

 

なんの根拠もないですが、ふと頭に浮かんだのです。唐突すぎる思いつき。

しかしこの「じきるう」、意外と優秀なハンドルネームだったのです。

 

絶妙なかわいさと、ほどよく違和感を与えるネーミング。

「じきる」の語感が残っているため、今までボクのことを「じきる」と呼んでいた人も比較的「じきるう」に移行しやすい。

実際に「じきるう」で検索&エゴサしてみると、少なくともこの名前で活動している人はいないことが判明。やった、ボクが一番乗りだ。

 

……え、マジでいいじゃん。

もうこれにしよこれにしよ〜!

はい解散解散〜! ハンドルネームで悩んでたボクの脳内分子、解散〜!!

 

 

マジで「じきるう」でいきます

 

ありえないほどテキトーな思いつきで決まった次期ハンドルネーム「じきるう」ですが、マジでこれでいきます。

みなさんよろしくお願いします。

 

ちなみに発音は「じき↑る↓う」です。

けんすう」さんと同じイントネーション。

 

crazystudy.info

 

※気づかれない程度にこっそりブログタイトルも変えました

2019年4月1日に、じきるの身に起こったことまとめ

 

(※たまにある、酒飲みながら書く回です。乱文失礼)

 

2019年4月1日。

なんだか2019年度のはじめから色々あったので、サッと今日を振り返ります。

 

 

元号発表の30分後に、新元号の曲公開

 

 

はい、作りました。 

これをやるために本日、有給休暇を取得しております。

 

最近忘れられがちですが、一応ボクは簡単な音楽ならつくれるんですよ、ええ。

 

作業環境

▲作業環境ごっちゃごちゃ

 

元号発表時の菅官房長官の声をサンプリングし、魔改造

急いで音楽とミュージックビデオを作りました。

 

元号発表があったのは「11時41分」。

そこから28分後の「12時19分」に曲をリリースしました。

 

もともとはゴールデンボンバー「新元号ソング」をどこよりも早く制作・発表・発売すると宣言してたので、それに対抗した次第です。

 


ゴールデンボンバー/令和 Full size

 

ちなみにゴールデンボンバー「13時41分」に新元号の曲『令和』をリリース。

ボクの圧勝ですね。金爆は遅すぎる。(クオリティでは勝負してないのでそこには言及しないでください)

 

……でも、本当はもっと早くあげる予定だったんですよ。

元号発表の5分後くらいとかに。

 

しかし久しぶりの作曲だったこともあり、機材の扱いがなかなか上手くいかず……。

おまけにミュージックビデオのことは頭からすっかり抜けていたため、制作に苦労しました(動画作成技術は皆無)。

 

まあ、金爆に勝てたから良しとしよう。

新年度から景気がいいぞ。

 

(※もし「オレの方が早いぞ!」って人がいましたら教えてください)

 

 

「次の元号を本気で予想する会」を振り返る会

 

 

2月某日、新元号を予想するイベントに何故か登壇させていただきました。

それの振り返り会を、デイリーポータルZ林さん西村さんと共に行いました。

Facebook Messenger上で。

 

Facebook Messenger

 

なぜか憧れの二人と、元号について語る空間。

デイリーポータルZって、ボクが中学生の頃から見ている超老舗サイトだぞ?

嬉しくないはずがない。

 

 

 

すべての元凶は、この記事。

クリスマス前3連休を投げ打って、これまでの元号全部振り返った記事を書いたところ、デイリーポータルZの林さんにお声がけいただきました。

世の中、なにがあるか分からないね。クリスマスに彼女いなくてよかった〜。

 

おそらく振り返り会の様子が、明日のデイリーポータルZに掲載されると思います。

よかったら見てね!

 

※2019/04/02 公開されました!

 

 

CRAZY STUDYのリブランディング。””ヘッドハンティング大歓迎メディア””に

 

 

はい、一番伝えたいのはコレです。

4月1日よりCRAZY STUDYのコンセプトを一新し、「好きかってに研究しよう」から「企画系ライターの見本市」に変更しました。

 

詳しくは上の記事を読んで欲しいのですが、ざっくりまとめると以下のとおりです。

 

  • 「原稿料3000円!」をあえてアピール
  • 「ライターのヘッドハンティング大歓迎!」をあえてアピール
  • ライターを前面に出したデザインに変更

 

売り上げや認知拡大を第一に掲げる多くのメディアとは一線を画した、新しいスタイルのブランディングだと思っています。

たぶん、どのメディアも真似できないでしょコレ。

……いや、そもそも真似したくないか。笑

 

CRAZY STUDYのライターがウチから羽ばたいて、しっかり稼げるようになって欲しいな、という思いからこのリブランディングを行いました。

ライターが少しだけ稼ぎやすい世の中を目指して。

 

みんな! 稼げるようになったら、ボクに収入の3割くらい献上してね!!!!!!()

 

 

社会人2年目になった話

 

そういえば、4月1日でついに社会人2年目になりましたよ。

ホント、激動の一年間でした。

 

 

社会人初日からいきなり千葉の田舎町に飛ばされたり。(※この記事の取材)

 

 

内定辞退した会社に(勝手に)土下座しにいったり。

 

 

 

月間7万PVの自社メディア編集長に、入社4ヶ月目で就任したり。

 

 

年末には300万PV超えたり。

 

 

意味のわからない企画記事で大スベりしたり。

 

 

速レポ記事で初めてバズったり。

 

……大学院で研究室にひとり引きこもってた時代から考えると、信じられないようなエキサイティングな体験ができております。

ホント、いまの会社に拾われてなかったらどうなっていたことか。笑

 

 

社会人2年目は、どんなことが待っているんだろう。

明日からまた、頑張りますね。

 

今日はもう酔っ払ってるので、このへんで〜。

 

 

 

【舌死人グルメレポ12】とあるラーメン屋を「クソまずい」と言ったら大バッシングを受けた話

 

やってしまった。

ボクはまたいらんこと言ってしまった。

 

〜〜〜

 

先日、とあるラーメン屋に行った。

昭和の雰囲気を漂わせる、昔ながらのお店。

ただし店内には平成のJ-POPが流れている。元号が安定しない。

 

店員さんはおそらく、中国出身の方。

ボクが女性店員に注文を頼むと、厨房にいる店主に向かって、ボクにはわからない言語で話し始めた。

中華料理屋ではよく見る光景だ。

 

f:id:studiowizzikill:20190303124847j:plain

▲※店舗特定を避けるため画像加工のうえ掲載

しばらくすると、ラーメンが出てきた。

昔ながらの中華そば、といった風貌だ。

可もなく不可もない。

 

麺をすする。

普通。

さらに言うなら、郊外にあるホームセンター『カインズホーム』の中にある「カインズキッチン」に出てくる280円のラーメンとほぼ同じ味がする。(これ伝わる人いるのだろうか)

要するに、ベーシックな味。

 

麺・スープ・具材、すべてにおいて特筆すべきところはない。

昔ながらの中華そば。

今年40周年を迎えるうまい棒のような、あるいは昭和の曲ベストテンみたいなありきたりなテレビ番組のような味。良くも悪くも普通だ。

 

そしてやや残念なことに、レンゲがなんだかヌルヌルしてる。

油だろうか。ちゃんと洗ってるんだろうか。

レンゲを持つたびにボクの手がヌメることになるので、なんどもティッシュで拭かねばならなかった。

 

そんなわけで、ボクはこのお店にあまり良い印象を持っていない。

 

〜〜〜

 

後日。

会社の同僚たちと、仕事帰りに飲みに行った時のこと。

 

ボク「そういえばこの間、◯◯のところにあるラーメン屋に行ったんすよ!

これがクソまずくて!

 

同僚「「「は?」」」

 

しまった、口が滑った。

酔うといらんこと口走ってしまう。おさけこわい。

訂正する。クソではない。あくまで普通だ。少しだけ詳細に言うなら、ボクはそこまで美味しいとは思わなかった。

 

しかしバツの悪いことに、同僚たちはそのラーメン屋を「美味しい」と口々に仰る。

昔ながらのラーメン屋で懐かしく優しい味、だという。

ボクと意見はほぼ一緒なのに、印象がまるで違う。

 

これはボクの舌が死んでるからなのだろうか。

もう一度行って確かめるべきだろうか。

 

ヌルヌルのレンゲが、またボクを待っているのだろうか。

 

▲過去の舌死人グルメレポはこちら

ハンドルネーム「じきる」の処遇をどうするか問題

 f:id:studiowizzikill:20190221000733j:plain

「じきる」

これはボクが中学2年生のころから使っているハンドルネームだ。

 

正確には「ジキルハイド→†ZIKILL†→八ツ橋ジキル→ジキル→ZIKILL→ZKL→Beats by ZKL→ZKLHYD→じきる」という変遷があったが、すべて「じきる系列」である。

だいたい中二病っぽい文字列であることに関しては、放っておいて欲しい。これは不治の病なのだから。

 

ちなみに「じきる」の由来については以下記事を参照して欲しい。

 

まあ、それは置いといて。

最近悩んでいるのは、この「じきる」という名前をいつまで続けるか、ということだ。

 

 

「じきる」いつまで続けるか問題

 

現在までに、「じきる」という名をかれこれ7年も使っている。

じきる系列すべて合わせれば、12年。あと2年もすれば人生の半分以上が「じきる」となってしまう。

 

いまはまだ良いが、30代、40代の年齢になった時に「じきる」を名乗れるかが心配なのだ。

今でさえ、「じきる」と名乗ることにちょっとした恥ずかしさと申し訳なさを感じているのに(相手がお堅い系の場合はなおさら)。

自分は胸を張って、「我が名はじきるである」と言えるだろうか。

 

それともう一つ。

「じきる」って名前の人、めっちゃいる。

エゴサのし辛さが半端じゃない。

どっちかというと、改名したい理由のメインはこれだ。

 

……もう、本名の方がいいんじゃないだろうか。

 

 

「本名」ちゃんと言えない問題

 

しかし、本名は本名で問題があるのだ。

 

ボクのことをご存知の方はだいたいわかっているだろうが、ボクは滑舌がクソ悪い。

とくに「濁音」が苦手だ。

 

にも関わらず、ボクの本名は「内田一良(ウチダカヅヨシ)」であり、濁音が2文字もある。

ゆえにボクは、ボクの名前を名乗るのが死ぬほど苦手だ。

 

中学校最初の自己紹介の時に、「ウチダ」を「ウチラッ……!」と噛んだのは良い思い出だ。いや、良くない思い出だわ。

この時ばかりは濁音の多い我が名を心底恨んだ。(誤解のないように言っておくが、別に自分の名前が嫌いなわけではない)

 

……あ、ちなみに「じきる」にも濁音が含まれるが、これはこれでちゃんと言えていない。

たまに「しきる」とか言っちゃってるし。(たぶん誰にもバレてないけど)

 

 

改名案を考えよう

 

「じきる」も「本名」も、それなりに問題がある。

というわけで、新しくそれっぽい名前を考えようかなと思っている次第だ。

元号ももうすぐ変わるし、タイミング的にはちょうど良いだろう。

 

今回、いくつか考えてみたので聞いて欲しい。

 

 

1. ウチラカルヨシ

 

本名の「ウチダカヅヨシ」を、あらかじめ”噛んだ”バージョンにしたものである。

最初っから噛むことを前提にした名前なら、噛みようがない。我ながら天才的な発想である。

ちなみに本名を名乗るとき、普段からボクはこのように言っているのでぜひ注意して聞いてみて欲しい。

 

ただオール片仮名だと、どこで区切って良いかわからないという問題がある。「ウチラカ=ルヨシ(1832-1904)」と外国の偉人みたいに間違われてしまうかもしれない。

要検討だ。

 

 

2. クラウン

 

「クラウン」はボクが初めて名乗ったハンドルネーム。

中学1年生の頃にやっていた『破天一剣』というオンラインゲームで使っていた名前だ。ちなみに「クラウン」由来は全く覚えていない。

 

滑舌の悪いボクでも読みやすいという長所がある。

一方でめちゃめちゃにエゴサし辛そうだなという欠点も。

あと「じきる」同様、30代以降になったときちょっと恥ずかしいかもしれない。それなら「じきる」でいいわな。

 

 

3. 田中健

 

とつぜん「誰?」という感じではあるが、これはボクが本名を出したくない時に適当に名乗る名前だ。

うさんくさいアンケートや、レストランの順番待ち記帳の際にはだいたい「田中健一」と書いている。

 

ちなみに「田中健一」歴は「じきる」よりも古く、確か小学校4年生くらいからだ。

初出は小学校の時にWordに書いてた黒歴史小説『外田二良の冒険』に出てくる主人公の相棒キャラが田中健一。ボクの記憶が正しければ、この小説は1ページ目で飽きて終わっている。

 

 

4. ウチダカヅヨシ

 

もうさ、あんまり捻らずに本名でも良い気がしてきた。

ちなみにここまで一切触れずにきたが、「ウチダカヨシ」の「ヅ」は本当に「ツに点」なのである。

母親か「和代(カズヨ)」のため、ややこしいからという理由で「ヅ」にされた。適当かよ。

 

まあ、検索したところ、過去に「ウチダカヅヨシ」という振り仮名の人は一人しかいないみたいだし(一人いるんかい)、エゴサはし易そうだ。

 

間違いなく噛むけど。

 

 

5. じきる 2.0

 

ごめんなさいこれはフザけました。

 

 

さあ、どうしようか

 

そんなわけで、現在のライターネーム「じきる」の処遇はどうなることやら。

よかったらみんなからも意見をもらえると嬉しい。

 

誰からも意見もらえなかったら「じきる 2.0」というクソみたいな名前にしますご了承ください。

 

 

▲最近Google Adsenseの審査が通っちゃったメディアはこちら

【舌死人グルメレポ11】超人気店の隣の店・麺屋純風(門前仲町)はちゃんと美味しい

 

4ヶ月ぶり〜!

舌が死んでる人グルメレポの時間だよ!!首を洗って正座で読みな!!!

 

今回伺ったのは、門前仲町にある超人気店・こうかいぼう〜〜〜!!

 

の、隣!!!

麺屋純風〜〜〜!!!

 

実は、今日はこうかいぼうに行く予定だったのだが……スープ切れということで生憎の断念。

ちなみにこうかいぼうは、平日18〜19時、休日なら14時くらいにはスープ切れで店を閉めてしまうのだとか。マジもんの超人気店じゃねぇか。

 

しらべぇ

▲出典:しらべぇ

右がこうかいぼう、左が麺屋純風。この距離感よ。

こうかいぼうのスープが早くから切れてしまうこともあり、そのおこぼれ客が麺屋順風に流れているとの噂も……。(参考:しらべぇ

 

ボクたちも例に漏れず、麺屋純風へ。

 

▲豚とろ醤油ラーメン(たまたま持ってた一眼レフで撮影)

こちらが今回頼んだ、豚とろ醤油らーめん(1200円)。

「1200円?!なんだその値段は?!?!?貴族か!!!てめぇ貴族かこのやろう!!!!」とお思いのアナタ。これには深いワケがある。

 

じつは今回は、ボクの働く会社の社員で構成される「ラーメン部」の活動として来ている。

ラーメン部の活動費は会社から出ており、また食べたラーメンは社員へ報告する義務がある。

そう、それはつまり「ハズレは許されない」ということなのだ。

 

ラーメン部の活動目的は「美味しいラーメンをリサーチし、社員に広めること」である。

ラーメン部がちゃんと美味しいラーメン情報を社員の皆さまにお伝えできないということは、それは社員のラーメン情報を飢えさせ、ラーメン屋に行けずラーメン失調死することにつながる。

社員の命を、ボクたちラーメン部は背負っているのだ。

失敗するわけにはいかない。

 

しかし、こうかいぼうチャレンジは失敗に終わってしまった。

それゆえに、なおさら麺屋純風での失敗は許されない。一度のミスは許されても、二度目はこっぴどく叱られる。それが社会ってもんだ。

 

というわけで、間違いなく美味しいことが推測される1200円のラーメンを頼んだのだ。

決して、会社の金だからという理由で高いラーメンを頼んだわけではない。

これはみんなのためだ。

ワンフォーオール、オールフォーワンだ。(?)

 

▲食べたらなくなった

▲食べたらなくなった

ちなみにめちゃめちゃ美味しかった(※舌が死んでるので詳しいことは不明)。

 

こうかいぼうの隣ということもあり、正直あまり期待していなかったのだが……良い意味で裏切られた。

魚介ベースのスープにもちもち太麺、そしてなんといってもトロットロの豚トロ。豚がうますぎる。さすが1200円。

 

こうかいぼうの影に隠れがちだが、その隣にもちゃんと美味しいラーメン屋はあった。

スーパーヒーローの側には、支えてくれる仲間がいるんだ。うん、それとはまた別の話か。

 

▲一緒に行ったラーメン部メンバー

▲一緒に行ったラーメン部メンバー

活動記録として最後にメンバーで写真を撮ったが、一眼レフで自撮りするのに慣れてなさすぎてめっちゃめちゃにブレた。

 

▲過去の舌死人グルメレポはこちら