じきるの日

編集者です。CRAZY STUDYとか諸々のメディアを回してます。ブロガーではありませんのであしからず。

古着屋ではユニクロを買え。

 

古着屋。

それはおしゃれでモードなハイソ・ハイカラ人間しか立ち入ることのできない孤高の聖域。

古着屋ではボロボロのダメージジーンズが3万円、「SAD」って背中に書かれた白シャツが5万円で売られている。

そんな、ノン・オシャレ人間には一切関係のない世界。

凡人は凡人らしく、ユニクロかGUで無地の黒セーターでも買えば良いのだ(GUに売ってる版権モノTシャツだけは絶対に買ってはいけない)。

 

ボクは凡人だ。ノン・オシャレ人間だ。

ORANGE RANGEのおしゃれ番長 feat.ソイソースを聴くことすら許されないレベルにおしゃれに疎い。

基本的にユニクロに売ってる無難なやつしか着ない。ユニクロは失敗しない。ユニクロ最強。皆の者、ユニを讃えよ。

 

しかし、だ。

そんなボクだが、じつは古着屋にめちゃめちゃ行く。月イチで通ってる(月イチを”めちゃめちゃ”と定義して良いかはだいぶ怪しいが、ボクの中ではかなりの高頻度なのだ)。

それはなぜか。

そう、多くの人は気づいていないのだが、古着屋にはおしゃれでクソ高い服ばかりではなく、まれにボクたちの味方であるアイツがいるのだ。

そう、”ユニクロの古着”だ。

 

ユニクロの古着は、なぜか異様なほどに安い。

この間は通常2990円で売ってるはずのセーターが324円で売っていた。89%OFF。とんでもない爆安価格である。しかもほぼ新品同様。

しかし、これは決して珍しいことではない。

ユニクロの古着は、90%OFFがデフォなのだ。

 

ボクは別にお金に困っているわけではないので、もちろん新品でユニクロを買うこともある。

だが、古着屋に新品同様のユニクロウェアがあったら、そりゃまあ、買うだろ。90%OFFだぞ。安い方で買うのは庶民の鉄則だ。

 

ボクはこれからも、古着屋に通う。ユニクロを買うために。

ちなみに好きなブランドはYOHJI YAMAMOTOですよろしくお願いします。

 

YOHJI YAMAMOTO―M´EMOIRE DE LA MODE (M〓moire de la mode)

YOHJI YAMAMOTO―M´EMOIRE DE LA MODE (M〓moire de la mode)

 

 

▲ゆーてオシャレな人にちょっとした憧れのあるやつがやってるメディアはこちら