じきるの日

編集者です。CRAZY STUDYとか諸々のメディアを回してます。ブロガーではありませんのであしからず。

ボクは戸籍上、ボリビア人だった

f:id:studiowizzikill:20181110022047p:plain

とても信じられる話ではないと思うが、ボクは戸籍上、ボリビア人であるということが発覚した。

 

〜〜〜


ボクが生まれた日、ボクの母は丸一日、昏睡状態に陥ったらしい。

池袋の東急デパートの婦人服コーナーで妊婦用の服を買っているときに急に産気づき、多目的トイレで出産。しかしそのときに動脈にできた血栓のせいで、出産直後に意識を失ってしまったのだ。


ボクを取り上げたのは、たまたまそこに居合わせたボリビア人女性。
ちなみにボリビアはその日内乱が起こっており、一時的にボリビアという国がなくなっていたという。

 

当時の日本の法律では、生まれてから24時間以内に書類に署名しないと「親」として認められなかった。
母は昏睡状態。とても署名なんてできる状況じゃない。

 

一方、ボリビア人女性は母国がなくなってしまっていたので、戸籍がない。戸籍が欲しい。
そこでそのボリビア人女性、なんとボクを生んだことにし日本に帰化することにしたのだ。

ボリビア人女性は必要書類にボクの親であるよう署名し、無事、日本での戸籍を手に入れたのだった。


しかしその後、ボリビアの内乱がおさまったため、ボリビア人女性はボリビアへ帰国。

その際、ボクの戸籍もそのままボリビア人として登録されてしまったのだ!

 

……そんなわけで、ボクは戸籍上、ボリビア人なのだ。

アパート賃貸契約の審査のときに気がついた。

 

〜〜〜

 

という夢をみた。

まあまあメチャメチャではあるが、夢にしてはやたらと作り込まれた設定だったため、起きた直後は「ボクは本当に日本人なのか?ボリビア人のほうが本当の自分なんじゃないか?ボクは誰?何者?わあああああああああああああ」と軽くパニックになった。

紅茶豆乳飲んだら落ち着いた。紅茶豆乳はマジで美味しいんでみなさんぜひ買ってください。

 

 

ボリビア人が運営しているメディアはこちら