じきるの日

編集者です。CRAZY STUDYとか諸々のメディアを回してます。ブロガーではありませんのであしからず。

真冬のワイルド戦士、半袖短パン小僧

2月。

一年で最も寒くなる月である。

僕は厚手のコートにもふもふマフラー、マスク、ニット帽、耳当てといったフル装備で今日も外出している。

 

耳当てまで装備する人ってあんまりいないと思うけど、耳当てって最強よ?

氷耐性(氷タイプ攻撃半減/天候「雪」時のHPゲージ減少無効)に加え、音耐性(超音波・爆音・官能ボイス攻撃無効)まで備えてるからね?

みんな絶対、耳当てを装備すべきよ。

耳装備なしが流行りとか、そーゆーのいいから。

 

まあそんなかんじで、僕はフル装備で外出していたのだが・・・。

目の前に突如、そいつは現れた。

このクソ寒い中、タンクトップに短パン姿で元気に往来を闊歩する、小学生男児が。

 

え、何?

なんで真冬に、タンクトップと短パンしか着てないの?

縛りプレイでもしてるの?

『【縛りプレイ】初期装備のみで小学校6年間クリア【part.4】』の最中なの?

 

彼はなぜ、タンクトップ姿で平気なのだろうか。

皮膚の氷耐性ステータスを極限まで高めた結果なのだろうか。

 

しかし、これだけはわかる。

彼は間違いなく、強い。 

 

僕は、自分が恥ずかしくなった。

フル装備でないと外出できない、僕の弱さが恥ずかしい。

身体的な弱さではない。

ガチガチの鎧をまとわないと寒さに耐えられない、その心の弱さが恥ずかしい。

 

僕も彼を見習おう。

鎧を身にまとわずとも生きていける、心の強さを持とう。

そうして僕は衣服を脱ぎ捨て、生まれたままの姿で街をあるいた。

気がつくと、僕はパトカーに乗っていた。

 


「半袖短パン」「デュクシ」など、懐かしの小学生あるあるネタ プラズマ乳酸菌『SPECIAL STUDENT』動画

 

crazystudy.info