じきるの日

会社員ライター&編集者です。CRAZY STUDYというメディアを主催しています。ライターだからって文章上手いとか期待したら痛い目見るぞコノヤロウ!!

知り合い?知り合いじゃない?判断

今日、僕はドトールで勉強をしていた。

ドトールは僕の住む街にある、唯一のコーヒーチェーンである。

カフェで勉強するのが好きな僕は、週2くらいのペースでドトールに通っている。

 

店員には完全に顔を覚えられている。

多分、「ホットティー1杯で5時間くらい粘る客」として。

ここ居心地良いんだもん・・・許してくれ・・・。

 

ちなみに僕のオススメは、”ほうじ茶ラテ”である。

ほうじ茶ラテという他ではあまり見かけないメニューだが、ほうじ茶とミルクの相性は絶妙だ。

お金に余裕があるなら、”きなこ黒蜜”をトッピングするのも良い。

上品な甘さの和スイーツへと変貌する。

なお僕は乳アレルギーなので、ほうじ茶ラテはあんまり飲めない。

 

〜〜〜

 

今日もいつも通りドトールで勉強をしていると、ふと斜向かいの席に、なんとなく見覚えのある顔があった。

中学校時代の同級生、オルスファ・グリーンバーグ(仮名、日本人)さんだ。

いや、正確には”オルスファさんかもしれない人”だ。

 

正直、彼女には成人式後の同窓会以来しばらく会っていないため、顔の記憶が曖昧である。

おまけに同窓会は飲みすぎて意識を失ったため、その日の記憶はアテにならない。(人生で唯一、酒で記憶を飛ばしてしまった日でもある)

 

斜向かいの彼女がオルスファさんかどうか、確証が持てない。

 

声をかけに行く?

もちろん選択肢としてはあるが、彼女は何やら勉強をしているようなので、邪魔をしては申し訳ない気がする。

加えてイヤホンをしているので、話しかけ辛い。

そして第一、全然違う人だった時、気まずい。

こんな状況でも、躊躇なく声かけられる人は尊敬する。

 

向こうに気づいてもらう?

いや、斜向かいだし、なかなか難しいかもしれない。

そして僕自身、成人式の頃から顔がまあまあ変わっている。

 

そんなことを考えているうちに、彼女は帰ってしまった。

今となっては彼女が知り合いだったか、そうでないかは分からない。

 

次会ったら、絶対声をかけようと思う。

何となく、もやもやが残る気がするから。

何となく、自分に負けた気がするから。

 

crazystudy.info