じきるの日

会社員ライター&編集者です。CRAZY STUDYというメディアを主催しています。ライターだからって文章上手いとか期待したら痛い目見るぞコノヤロウ!!

それでも僕は便所飯をしていない

「なんでトイレでご飯食べてるの?」

 

違う。

ここはトイレじゃなくて更衣室だ。

トイレは更衣室の向かいだ。

 

〜〜〜

 

僕はとあるダンススタジオで、子供向けのダンスレッスンを受け持っている。

今日(土曜)の僕のクラスは、15時半から16時半。

なので、大体15時前くらいにスタジオに行き、昼食を食べてからレッスンに挑む。

 

昼食の時間が遅いのは許してくれ。

もう身体がこの時間で慣れてしまっているのだ。

 

とりあえず、僕は毎週土曜は15時くらいに昼食を食べている。

更衣室で。

 

なぜ更衣室で食べているかというと、2つ理由がある。

 

1つ目は、単純に他の場所がないからだ。

ロビーはスタジオの利用者様で埋め尽くされている。

空いているスペースは、更衣室くらいである。

 

2つ目は、子供たちの襲来を恐れているからだ。

別に子供は嫌いではない(というか嫌いだったらダンスレッスン受け持ってない)が、昼食を妨害されるのはちょっと困る。

過去にロビーで昼食を食べたことがあるが、とある子供が弁当にぶつかり、盛大に中身をぶちまけたことがある。

以来、子供たちがいるときは、基本的に更衣室で昼食をとるようにしている。

 

〜〜〜

 

今日も昼食を更衣室で食べていると、突然、更衣室のドアがガララッと開いた。

そこにいたのは、絶界寺=トルストイ・神子ちゃん(仮名, 5歳)だった。

 

自分で言うのもなんだが、神子ちゃんは僕に懐いているようだ。

よく右脚に絡みついてきて、俺が歩こうが踊ろうが離れなくなる。

マーキングしてくる抱き付き人形である。

 

で、その神子ちゃんが僕にこう言い放ったのだ。

「なんでトイレでご飯食べてるの?」

 

5歳児の神子ちゃんにとって、トイレ近辺はすべからく”トイレ”と認識されるのであろう。

たとえ便器がなくても、トイレの近くの部屋なら、そこは”トイレ”なのだ。

”トイレ”は排泄物を出すところに限定されない。

”トイレ”という特定の領域があり、その内側に存在する全ての空間は、神子ちゃんにとってまさしく”トイレ”なのだ。

 

だから僕は、少なくとも神子ちゃんにとって、トイレで昼食をとっていることになる。

ここは更衣室ではない。トイレだ。

したがって僕は、いわゆる「便所飯」をしていることになる。

 

しかし、いや、But、僕にとってここは更衣室である。

トイレとは別の領域である。

神子ちゃんの認識に惑わされてはいけない。

更衣室は、トイレではない。

 

周囲の人に惑わされないよう、僕は自分の芯を持って生きたい。

強く、生きたい。

 

 

なんの話やねん。

 

crazystudy.info