じきるの日

会社員ライター&編集者です。CRAZY STUDYというメディアを主催しています。ライターだからって文章上手いとか期待したら痛い目見るぞコノヤロウ!!

つけ麺TETSUのまぜそばがヤバイ

『つけ麺TETSU』をご存知だろうか?

都内を中心に22店舗展開するつけ麺チェーン店である。

 

そのうちの1店舗が所沢駅構内にあるのだが、僕は電車の乗り換えのタイミングで度々訪れている。

魚介系の濃厚なスープと、香り高いもっちりとした麺が心地良いハーモニーを生み出し、なかなか美味である。

 

僕がいつも注文するのは、ノーマルな「つけ麺」である。

『つけ麺TETSU』って名前なくらいだし、つけ麺を頼まないと何だか申し訳ない気がするのだ。

 

しかし、今日は少し冒険して「まぜそば」の並サイズを注文してみた。

 

まぜそばは僕の大好物である。

麺類の中でも至高の存在。

僕の中の位置付けでは、

まぜそば>>>つけ麺>ラーメン>>>>>>>>(越えられない壁)>>>>>>ひもQ

となっている。

 

普段はまぜそば専門店でしかまぜそばを注文しないのだが。

気になってしまったのだ。

つけ麺屋が出す、まぜそばが。

 

店員「まぜそばは少々茹で時間がかかりますが、よろしいでしょうか?」

そうなのか。

時間かかるのはちょっと申し訳ない気もしたが、好奇心は抑えられない。

まぜそばを注文し、しばし待つ。

 

待ってる間、Kindleウォーレン・バフェットの名言集でも読んでおこう。

バフェットは「最も危険な言葉は "Everybody else is doing it.(他の誰もがやっている)"である」と述べている。

僕もバフェットにならい、他の誰もが食べているつけ麺を選ばず、まぜそばを待つ。

 

10分ほどして、まぜそばが出てきた。

刹那、僕は思わず「えっ?!」と声をあげた。

 

味とかそういう問題ではない。

量が、異常だったのだ。

 

僕は「並」を頼んだはずだ。

しかし、目の前にあるのは山盛りのまぜそば

一般的な大盛りのまぜそばの、さらに1.5倍くらいあったように思われる。

ちなみに『つけ麺TETSU』は、別に大盛りの店ではない。つけ麺はいたって普通のサイズだ。

 

どうやら『つけ麺TETSU』は、まぜそば限定で二郎インスパイアだったようだ。

 

なお、味はまあまあだった。

お腹減ってる時にまた食べたい。

 

ちなみに、茹で時間が長かった上、完食までに時間がかかったため、予定の電車に乗り遅れた。

やらかした。

 

crazystudy.info